「歯を矯正するには、抜歯しないといけないと言われた。歯を抜かないで治療はできないの?」
患者さんからはよくこんなご相談を受けます。

確かに歯科矯正治療では、歯をきれいな位置に並べていく治療なので並べるスペースが無い場合、歯を抜いて並べる場所を作ることが必要になってきます。

しかし、だれでも健康な歯を抜くのは嫌なもので、出来たら抜きたくない人がほとんどでしょう。

治療の様子

そこで丸子歯科では、しっかりと事前に診断を行い、治療計画を綿密に立て、特に成長発育期の小児の場合は顎を広げることによって抜歯をできるだけしなくて済むように努めています。

一般的に抜歯が必要になる割合は大学病院の矯正科では
7~8割くらいと言われておりますが
丸子歯科では小児期より矯正治療を開始した場合、抜歯に至るケースを約2割くらいに減らすことに成功しております。

しかし、矯正治療の目的は多くの患者さんにとっては正しい咬み合わせとなり、バランスのとれた顔つきになることです。

歯を抜かないことを優先するがあまり、歯はきれいに並んだが、口元や顔つきのバランスが悪くなってしまっては、本来の治療の目的を達成できません。

患者さんのご希望や口元のバランスによっては抜歯を行った方が好ましい結果を得られることもありますので、抜歯をするかしないかについてはよくご相談させていただいております。