同じような歯並びの状態でも、矯正治療を開始する時期によって抜歯する場合と抜歯しないで出来る場合があります。

お母さんと子ども

およそ小学校半ば(8~9歳)までにご相談いただくと、顎の成長発育を調整することによって抜歯せずに治療できることも多くなります。

そのため歯並びが心配な場合は、その時期(小学校3年生ごろ)までの定期検診を強くお勧めします。

治療開始の時期が遅くなってしまったために、抜歯の治療となってしまうことは出来れば避けたいと考えています。