「いつから矯正を始めたらいいでしょうか?」

という質問をよく受けます。
出っ歯、受け口など、顎のレベルで歯並びがずれてしまっている場合、成長期に骨が育っていく力を利用して治療します。

ですから、このような場合、成長がある程度終わってしまう中学生では遅すぎるのです。

また、子供さんの歯は虫歯にかかりやすく、これから永久歯が生えてくる状態です。

小さい頃から歯を見させていただいている場合、これから成長していくにつれて悪さをしそうな歯があれば、早い時期に歯を正しい位置に移動させることもします。

歯並びがご心配な場合

小児矯正

家を作る際の土台作りをする時期だと思ってください。
しっかりした土台があって、はじめてしっかりした家が建てられるのです。

個々の状態によって治療の開始時期は違ってきます。

特に子供ではできるだけ早めに治療を開始しなければならない場合もあれば、ある程度永久歯が生え揃ってから、一気に治した方が良い場合もあります。

歯並びについてご心配な方は、一度ご相談下さい。