個人により年齢に若干のずれがあります。

第1ステージ(5~8才)
  • 指しゃぶり、爪咬み
  • 舌癖(舌の突出)、口呼吸
  • 下顎前突(受け口)
  • 奥歯のクロスバイト(反対咬合)
  • 萌出位置の著しい変位や著しいねじれ
第2ステージとりはずし式装置を使用して顎骨の成長コントロール
(7~11才)
  • 上下の前歯4本萌出した時点で顎骨のスペース不足がある時
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 前歯部の位置異常
第3ステージ固定式装置を利用して本格的矯正治療
(10~成人)
  • 奥歯の位置異常
  • 個々の歯の位置異常やねじれ
  • 歯の間のすき間(すきっ歯)
第4ステージ動的移動終了後約3年間
(12、13才)
  • 移動した歯の位置安定(保定)

第1ステージ(5~8才)

下顎前突(受け口)は5~7才くらいで矯正をスタートした方が良い場合が多く、
前歯の永久歯が生えてきたらご相談下さい。
また奥歯(6才臼歯)の咬み合わせが反対の場合も
5~7才で矯正した方が良い場合が大半です。
また、萌出位置の著しい変位とは永久歯のねじれが60度以上あり、
咬み合わせのずれの原因になってしまっている場合です。
この場合も早めにご相談下さい。

第2ステージ(7~11才)

とりはずし式の装置を使って矯正する場合、上2本下4本が萌出した時に
矯正の相談をさせていただきます。
永久歯が生えるスペースが足りなくて歯並びがガタガタしている場合や、
上顎前突(出っ歯)の場合はこのタイミングでスタートすることが多いです。
特に、永久歯同士が重なって生えてきた場合は
上の前歯4本がみえてきたら早めにご相談下さい。

第3ステージ(10~15才)(~成人)

わずかなねじれやズレ、隙間がある場合や、咬み合わせが深いケースでは、
犬歯(糸切り歯)の萌えた頃に相談さえて頂くことが多いです。
また、歯並びのガタガタが激しい場合にも、1~2本抜いてこの時期からの開始です。