豊田市 みよし市の矯正歯科|丸子歯科 歯並び矯正相談室
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 反対咬合

タグ : 反対咬合

子供の歯が受け口のようなんですが…

歯科検診で受け口と言われたり、お母さん自身が子供の頃受け口で、矯正したことがあるという経験をされていると、

「この子は矯正は必要ないんだろうか。矯正するならいつ頃から始めればいいんだろうか…」

などと思われていませんか。

受け口(反対咬合)の開始時期

受け口(反対咬合)の場合、年齢によって治療開始期間や治療方法が変わってきます。

・~4歳頃まで

矯正を開始するにはまだ早すぎるので、5歳になるまで、または前歯が永久歯に生え変わる頃まで様子をみていきます。

5~6歳になったら一度検診に来られるといいでしょう。

・5~7歳頃

乳歯の時、受け口(反対咬合)でも、永久歯に生え変わった時に正常な咬み合わせになることがあります。

特に軽度の受け口の場合、永久歯に交換する時に永久歯の萌出方向によっては改善してしまうことがありますので、前歯が交換するまで待つことがあります。

しかし前歯が永久歯に生え変わっても反対咬合が残ってしまう場合も残念ながらよくあります。

永久歯の前歯が反対咬合になってしまったら、自然に治ることはあまり多くはありません。

そこで矯正を希望されている場合、そろそろ矯正を開始する時期になります。

受け口

また反対咬合が重度の場合は、手術を必要とすることもあるため専門の歯科医院に紹介させて頂くことがあります。

お子さんの反対咬合の程度により、装置はいろいろな種類があり、状態に最も通した装置を選択していきます。

・8~10歳頃

反対咬合の矯正治療をするベストな時期は小学校1~2年生前後ですが、程度によっては小学校3~4年生でも充分間に合う場合があります。

装置は年齢や程度により変わります。

どういう装置を使うかは診査の上決定します。

・中学生~成人

歯科医反対咬合の程度が軽い場合は通常の矯正治療で治せますが、程度が重い場合に限っては外科的手術が必要となる場合があり、専門の歯科医院へ紹介させて頂くことがあります。

受け口の場合、矯正開始するタイミングは重要です。

永久歯が全部生え揃ってからでは治療装置も複雑なものになり治療に限界が出てきます。

ベストタイミングは多くの場合小1~3年生の頃です。

ご心配であれば早めの相談をおすすめします。

「矯正体験者の声」はこちら>>

ムーシールド

下の歯が上の歯より前に出ている受け口を歯科の用語で反対咬合と言います。

幼稚園、あるいは保育園、小学校の歯科検診などで指摘されたお子さんも多いことでしょう。

ムーシールド

お子さんの咬み合わせが通常と反対と聞くと、心配になるのは当然です。

反対咬合は永久歯が生える時、自然に治ることがあります。

ただしかなり少数例です。

反対になっている下の前歯が5~6本。

逆の咬み合わせが深い、近親に反対咬合の人がいる…これらの場合、自然に治る可能性は極めて少ないと考えて良いでしょう。

幼児期からの反対咬合改善に、子供専用のマウスピース「ムーシールド」を使った治療法があります。

ムーシールドは、1983年に東京の矯正科医によって考案され、多くの臨床応用、学芸発表を経て、2005年に一般の歯科医院でも治療可能になりました。

乳歯の時期から受け口に使用できる装置として注目を集めています。

ムーシールドは直接、歯を移動させる装置ではありません

反対咬合の原因となる筋機能のアンバランスを修正する機能的顎矯正装置です。

口の周囲の筋肉や舌の位置のバランスを整え、調和を取り戻すことにより反対咬合を改善します。

対象年齢は5~8才くらいです。

メリット

  • 夜寝ている時にムーシールドをはめているだけで反対咬合が改善される
  • 通常の矯正治療に比べると期間が短くて済む
  • ワイヤーを使った矯正治療をしないので痛みがない

デメリット

  • お子様が矯正治療に協力できる状態でないと治療はすすめられない
  • 反対咬合が改善しても成長期に再治療が必要になることがある
  • 重度な反対咬合(骨格的な要素が強い場合)はムーシールドが適応にならないことがある

また、治療後は女子の場合15~16才頃まで、男子の場合は17~18才頃まで成長は続きますので、その頃まで定期検診を受け続けることが理想的です。

PAGETOP