豊田市 みよし市の矯正歯科|丸子歯科 歯並び矯正相談室
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 受け口

タグ : 受け口

歯並び・咬み合わせが悪いとは?

よく「歯並びが悪い」、「咬み合わせが悪い」と言いますが、具体的にどんな状態のことを言うのでしょうか。

これらは大きく分けて4つに分類されます。

1.でこぼこの歯並び

でこぼこの歯並び
歯が一列の湾曲を描いて並んでいない状態のことを言います。主な原因として、顎が小さいために歯が並んで収まるスペースが不足することが挙げられます。歯のでこぼこをそのまま放っておくと、歯磨きがしにくく、むし歯や歯周病になる確率が高くなります。

2.出っ歯

 出っ歯

上顎や上の歯が突出している状態です。出っ歯があると力を入れないと口を閉じることができません。口が乾きやすくなることで、虫歯や歯周病になりやすくなることがあります。

出っ歯の原因は、

  1. 上の前歯が出ている
  2. 下の前歯が後ろに傾いている
  3. 上顎が前に出ている
  4. 下顎が後ろに下がっている

です。
また、これらが複合している場合もあります。

3.受け口

受け口
下の歯が上の歯よりも前に出ている状態のことを言います。

下の前歯の2、3本だけが前に出ているものや、下の歯全体が前に出て上の歯が見えないものなど、その程度はさまざまです。

前歯でかみ切れない、発音が不明瞭になるなどの支障が出てきます。

受け口は、

  1. かむ時の癖などで起こる機能性のものや前歯の傾きに問題があるもの
  2. 下顎が上顎よりも大きい、骨のアンバランスによるもの

の2種類があります。

4.開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせて口を閉じても上下の歯にすき間ができてしまう状態のことを言います。

歯だけでなく唇も開いたままのこともあります。開咬があると、ものをかみ切れない、発音が不明瞭、口の中が乾いてむし歯や歯周病になりやすいことがあります。

開咬の多くは、「舌で前歯を押す」、「上下の歯の間に舌を入れてしまう」などの「舌の癖」が原因です。

この舌の癖が直らない限り、矯正しても元に戻ってしまいます。

舌の癖を直すには専用のトレーニングが必要です。

このトレーニングがきちんとできるかで、後戻りするかしないかがかなり変わってきます。

治療方針は、歯並びだけではなく、噛みあわせや年齢などによっても変わることがありますので、気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

前歯の永久歯が斜めに生えてきたが大丈夫でしょうか?

状態によりそのまま何もしなくてもいい場合と、経過観察後に矯正が必要になる場合があります。

前歯が永久歯に生え変わる時、色々と心配なことがあると思います。

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた

たとえば乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたという場合。

特に下の前歯が生え変わる時に多いのですが、乳歯の後ろから永久歯が生えてくるというのはよくあることです。

大きく位置がずれているとか、お子さん自身が気になって食事ができないなどの場合を除き、ほとんどは自然と抜けるのを待っても大丈夫な場合が多いです。

また出てきた永久歯が斜めに生えてきた、隣の歯と少し重なっているという場合があります。

「矯正が必要なのかしら…」と心配される親御さんもいらっしゃると思います。

早めの矯正が必要な場合は…

1.歯のねじれの角度が60度以上ある

歯のねじれの角度が60度以上ある

2.上下の永久歯がぶつかり合ってロックしている

上下の永久歯がぶつかり合ってロックしている

3.すごく位置がずれて(5mm以上)萌出した

すごく位置がずれて(5mm以上)萌出した

4.受け口がはっきりしている

.受け口

このような時は早めに相談をされた方がいいでしょう。

それ以外の時、例えば…

1.前歯の永久歯の位置が少しずれている

2.前歯が少し重なってデコボコしている

経過観察だけで改善

経過観察だけで改善しました。

3.前歯の歯と歯の間がすいている

前歯の歯と歯の間がすいている

経過観察だけで改善しました。

などの場合は、すぐに矯正を開始しなくても、上下の前歯が4本ずつ永久歯に生え変わるまで経過観察をします。

矯正は治療が終わるまでに何年もかかります。

もちろん早く始めることも可能ですが、当院ではなるべく矯正治療の期間を短くし、ご本人や親御さんの負担を少なくすることを考慮し、矯正をスタートする時期を決めています。

前歯が上下4本生えそろってからでも、前記の場合を除き、充分矯正は間に合います。

目安は小学校3~4年ですが、歯が生え変わるには個人差がありますので、ご心配な方は早めにご相談下さい。

子供の歯が受け口のようなんですが…

歯科検診で受け口と言われたり、お母さん自身が子供の頃受け口で、矯正したことがあるという経験をされていると、

「この子は矯正は必要ないんだろうか。矯正するならいつ頃から始めればいいんだろうか…」

などと思われていませんか。

受け口(反対咬合)の開始時期

受け口(反対咬合)の場合、年齢によって治療開始期間や治療方法が変わってきます。

・~4歳頃まで

矯正を開始するにはまだ早すぎるので、5歳になるまで、または前歯が永久歯に生え変わる頃まで様子をみていきます。

5~6歳になったら一度検診に来られるといいでしょう。

・5~7歳頃

乳歯の時、受け口(反対咬合)でも、永久歯に生え変わった時に正常な咬み合わせになることがあります。

特に軽度の受け口の場合、永久歯に交換する時に永久歯の萌出方向によっては改善してしまうことがありますので、前歯が交換するまで待つことがあります。

しかし前歯が永久歯に生え変わっても反対咬合が残ってしまう場合も残念ながらよくあります。

永久歯の前歯が反対咬合になってしまったら、自然に治ることはあまり多くはありません。

そこで矯正を希望されている場合、そろそろ矯正を開始する時期になります。

受け口

また反対咬合が重度の場合は、手術を必要とすることもあるため専門の歯科医院に紹介させて頂くことがあります。

お子さんの反対咬合の程度により、装置はいろいろな種類があり、状態に最も通した装置を選択していきます。

・8~10歳頃

反対咬合の矯正治療をするベストな時期は小学校1~2年生前後ですが、程度によっては小学校3~4年生でも充分間に合う場合があります。

装置は年齢や程度により変わります。

どういう装置を使うかは診査の上決定します。

・中学生~成人

歯科医反対咬合の程度が軽い場合は通常の矯正治療で治せますが、程度が重い場合に限っては外科的手術が必要となる場合があり、専門の歯科医院へ紹介させて頂くことがあります。

受け口の場合、矯正開始するタイミングは重要です。

永久歯が全部生え揃ってからでは治療装置も複雑なものになり治療に限界が出てきます。

ベストタイミングは多くの場合小1~3年生の頃です。

ご心配であれば早めの相談をおすすめします。

「矯正体験者の声」はこちら>>

PAGETOP