豊田市 みよし市の矯正歯科|丸子歯科 歯並び矯正相談室
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 費用

タグ : 費用

矯正治療の不安

矯正治療の不安について

矯正治療を始めるにあたって、色々な不安があると思います。

・矯正の一般的な治療期間は年単位だし、途中で嫌になってしまわないか?

・歯をワイヤーなどで動かすのだから痛みがあるのではないか?

・ワイヤーを入れたりすると見た目が悪いのではないか?

・保険が利かないからすごく高額な費用がかかるのではないか?

など、心配に思われることは様々です。

私たち丸子歯科のスタッフは、そういった患者さんの不安や疑問を一つ一つ解決していく為にしっかりと相談させていただきます。

「分かりやすい説明とサポート」はこちら>>

費用は高額?

確かに矯正治療の費用は高額です。健康上問題がある時の治療以外は保険外となります。

しかし、その費用以上のメリットがあります。

きれいな歯並びになると、自分に自信がつき何事にも前向きになり、大きくお口を開けて笑うことができます。

高齢者

また、医学的な方面からみてみると、口腔清掃がしやすくなり、虫歯や歯周病になりにくく、自己管理がある程度できれば一生自分の歯で過ごす事ができます。

現実に80歳で20本以上の歯が残っている人の大半はきれいな歯ならびをしています。

実際に当医院で矯正治療をされた患者さんからも喜びの声を多くいただいております。

「矯正の費用」についてはこちら>>

治療期間は長い?

矯正の治療期間は、その方の歯並び状況、年齢、治療法によってもかなり異なるので、一概に『これくらいかかります』とは言えません。

例えば、ワイヤーなどを使って全体的に矯正をすると年単位の治療になってきますし、また、かぶせ物による前歯の数本の小範囲の歯並びの改善であれば、数ヶ月で終わることもあります。

私たち丸子歯科スタッフは患者さん一人一人に適した治療方法を提案させていただきますので、治療期間等でお悩みの方は御相談ください。

「矯正の治療期間」についてはこちら>>

見た目が悪い?

歯列矯正と言われると多くの方は金属の装置と、ワイヤーをイメージするかと思います。

そのため、見た目が気になるといった不安が出てくるのは当然かと思います。

しかし、ワイヤーによる矯正が適用になった場合でも、セラミックの装置とホワイトワイヤーを選択されれば、見た目の問題は少し改善されるかと思います。

また、全ての矯正治療がワイヤーを着けるわけではなく、かぶせ物による矯正、マウスピース矯正、夜寝ているときだけ装着する予防矯正(ビムラータイプ)など、見た目を気にしないで治す矯正方法もあります。

しかし、歯並びの状態や治療法、年齢によって適用にならない場合がありますので、矯正を悩まれている方は一度ご相談下さい。

「矯正の種類」についてはこちら>>

痛い?

歯を強制的に動かしていくのですから、痛みが強いのだろうかと心配されるのも当然です。

痛みの有無については、装置の種類によっても変わってきますし、人によっても痛みの感じ方が違うため、一概にどれだけ痛いかと表現できません。

しかし、多くの人が矯正で歯並びを治していますし、実際に患者さんの声をきいてみると、「最初の2,3日は痛み違和感が少しあるけれど、一週間もすれば平気になりました」と多くの方がいわれます。

「矯正中の痛み」についてはこちら>>

矯正治療は健康保険が効かないの?

基本的には利きませんが、医療費控除の対象になることはあります。

例外的に矯正治療で保険が利くものには、特殊な病気(厚生労働省が認定している2種のみ)

具体的には、

・外科的な処置が必要な顎変形症(上下の顎が大きくズレている状態)

・口唇、口蓋裂などの先天的咬合異常(唇や上あごが生まれつき割れている状態)

などがあります。

これらは、厚生労働省が「疾患」として認めたものであり、一般的な歯並びや噛み合わせの問題は「疾患」と認められていない為、健康保険が利きません。

ただし「美容目的の矯正」でなく、「咬み合わせの改善目的の矯正」は医療費控除の対象になりますので治療に関する領収書は大切に保管しておいて下さい。

「医療費控除」についてはこちら>>

矯正が終わった後、数年後もう一度矯正をしたい場合の費用はどうなりますか?

上限が決まっている費用(丸子歯科)

当院で矯正治療をされた場合は上限が決まっています。(税別)

取り外し式の装置と固定式の装置は、矯正基本料(200,000円)と装置料(40,000円~300,000円)を合わせて500,000円が上限になります。(オプションは除く)

また、マウスピース式装置の場合は、基本料と装置料合わせて700,000円を越えた場合、各種装置料は越えた分から半額になります。(マウスピースの場合1セット20,000円)

マウスピースだけの場合でも、マウスピースと他の装置の組み合わせでも同じです。

従って当院で矯正治療をし、再度矯正を希望された場合は、それまでにかかった治療費と、上限の差額分の費用、そして管理調整料がかかります。(最初の矯正をスタートしてから10年以内の場合)

(マウスピース矯正は700,000円を越えた場合、その後装置料は半額になり、管理調整料はかかります。)

最初の矯正スタートから10年以上過ぎた場合は追加の費用がかかる場合がありますので、その時は相談致します。

他院で矯正をされていた方の場合は、通常の費用がかかりますが、海外からの帰国が早まり、装置が全部口の中についている場合は、装置料を半額にするなど、その程度と進行度によって相談させていただきます。

後戻り防止装置の装着

再度矯正を希望される方の多くは、保定装置(後戻り防止装置)をしっかり使わなかったり、定期検診に途中から来られなくなった方です。

それを予防するためにも、上の歯にはめるリテーナー(後戻り防止装置)は最低2年間はつけて下さい。

2年が経過した後も1週間に1~2回程度はめていると後戻りを防ぐことができます。

親知らずがあると、、、

また下の歯では(上下の場合もありますが)親知らずがあると、手前の歯を押してしまって、せっかくきれいに矯正した歯でも、また歯並びが悪くなることがあります。

下の歯にも後戻りを防止するための装置はつけますが、親知らずがある場合抜歯をする相談をさせていただく場合が多いです。

矯正をしていなくても歯は年齢とともに動いていきますが、後戻り防止装置を永く使うことにより、歯の動きを最小限にすることができます。

費用は高額?

確かに矯正治療の費用は高額です。健康上問題がある時の治療以外は保険外となります。

しかし、その費用以上のメリットがあります。

きれいな歯並びになると、自分に自信がつき何事にも前向きになり、大きくお口を開けて笑うことができます。

成人

また、医学的な方面からみてみると、口腔清掃がしやすくなり、虫歯や歯周病になりにくく、自己管理がある程度できれば一生自分の歯で過ごす事ができます。

現実に80歳で20本以上の歯が残っている人の大半はきれいな歯ならびをしています。

実際に当医院で矯正治療をされた患者さんからも喜びの声を多くいただいております。

「矯正の費用」についてはこちら>>

PAGETOP