矯正装置といえば、ほとんどの方が金属の装置(ブラケット+ワイヤー)というイメージをお持ちだと思います。
多くの場合は歯の細かい並びを整えるためにつける必要がありますが、必ずしも『矯正=取り外しできない装置』というわけではありません。

丸子歯科での取り外し式装置は主に

1.床矯正装置(プレートタイプ)

2.予防矯正装置(ビムラータイプ)

3.マウスピースタイプ

4.歯の裏側の矯正装置(リンガルアーチタイプ)

5.機能的顎矯正装置(ムーシールドタイプ)

があります。以下にそれぞれの特徴・メリット・デメリットを示します。

丸子歯科ではそれぞれの歯並びや年齢、ご本人の希望等に応じて、取り外しできる矯正装置を組み合わせて治療しています。