取り外し可能なプレートにより、アゴの骨の成長を手助けし、大人の歯が並ぶスペースを作り、自然に歯並びを整える方法です。
特に成長期に使用する場合が多いですが、成人の矯正でも適応できる場合があります。

床矯正(プレートタイプ)

<メリット>

  • 自分で取り外しが簡単にできます。
  • アゴを拡大するため、抜歯をする割合が減ります。
  • アゴの成長をある程度コントロールできるので、見た目が自然な仕上がりになります。
  • 大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合があります。
  • 治療費が安く済む場合があります。

 

<デメリット>

  • 小児矯正はほとんどの場合、アゴの骨の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。
  • プレートだけでは、細かい並びの調整は難しい。
  • 矯正期間中、一時的に見た目が悪くなる。(矯正装置が見えたり、一時的に歯並びが悪い状態になったりする)
  • 患者さん本人が治療に協力的でない場合には良い治療結果が出にくくなる。

▲このページのTOPへ