豊田市 みよし市の矯正歯科|丸子歯科 歯並び矯正相談室
投稿
  • HOME »
  • かぶせて治す矯正

かぶせて治す矯正

かぶせて治す治療

歯並びを改善する方法として、矯正装置で歯を動かす歯列矯正の他に、短期間で行えるセラミッククラウン、ラミネートベニアなどの「かぶせ物による矯正」があります。
小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形の改善や変色している歯の色調の改善にはとても効果的な方法です。

かぶせて治す治療について

一般的に矯正というとワイヤー矯正をイメージするかと思います。

ワイヤー矯正は見た目が少し気になるのと、矯正器具で歯を動かし続けるので、装着中は痛みを伴うこともあります。

また治療期間も比較的長く、数年かかります。

矯正=ワイヤーではなく、ケースによっては「かぶせ物による矯正」が適用になることもあります。

「かぶせ物による矯正」は、歯を削って、かぶせ物をして歯の方向や大きさを変えて歯並びを治します。

かぶせ物をすることで歯並びを治すのと共に、歯の色も白くすることもできます。

また、治療期間も非常に短くすみます。

職業的になど長期間にワイヤーを装着するのが難しい人や結婚式や海外出張などで早期治療を望む方は「かぶせ物による矯正」も選択肢の一つです。

<メリット>

  • 短時間で治療が完了する
  • 歯の色調を改善する事ができる。
  • キレイな形を作ることができる。
  • ワイヤーのような異物感が少ない。
  • 仮歯を入れるので、治療途中でも見た目は他人に余り分からない。

<デメリット>

  • 一部の歯を削る場合が多い。
  • 全体的な咬み合わせの改善は出来ない。
  • 入れた物が剥がれたり、割れたりするトラブルが起こることがある。
  • 歯根の位置は変わらないので、動かせる範囲が2~3mmまでに限られる。

かぶせもの

セラミックのかぶせもの

一般的に「差し歯」といわれるものです。
歯を削って、かぶせ物をして方向を変えます。
歯の方向を大きく変えたいときは、歯の神経を抜いて、土台を立ててからかぶせ物をすることもあります。

ただ、保険適応治療だと、土台やかぶせ物の材料に制限があり、歯の方向を変えられない場合や白くできないことがあります。

セラミックのはりつけ(ラミネートベニア) 

歯の表面を少しだけ削って、セラミック製のつけ爪のような薄いシェルを貼り付けます。
歯の色だけ変えたい場合はもちろんのこと、少しくらいのすきっ歯や軽度の歯並びの悪さぐらいなら、きれいに並べることができます。

プラスチックの詰め物 

主に前歯に適用されますが、歯と歯のすき間をプラスチックの材料を詰めて閉じる治療があります。これですと、1日で終わることができ、治療時間も数十分と短時間に行えます。また、歯を削ることもありません。

しかし、プラスチックの材料を歯に貼り付けるだけなので、強い外力がかかると取れやすいという欠点があります。

PAGETOP