豊田市 みよし市の矯正歯科|丸子歯科 歯並び矯正相談室
投稿
  • HOME »
  • 治療中の痛みについて

治療中の痛みについて

痛みの理由

矯正治療を初めて装着した日から個人差はありますが1週間位と、ワイヤーを装着してから2、3日は軽い痛みを伴うことがあります。

これは歯が動き始めた証拠で、今まで歯と歯を支える骨が一体化していたのが、矯正のワイヤーによって歯が動き始め、歯がグラグラしている状態なのです。

その為に硬めの物を食べると一時的に痛みが出たりしますので、痛みが生じた際は柔らかい食事にする必要があります。

痛みに関しては症状も感じ方も人それぞれです。
一言でどのような痛みかと言うことはできませんが、基本的に痛みが治療中ずっと続くものではありません。装置を調整して治る場合も多くあるため、痛みが強い場合は我慢せずに相談に来てください。

矯正中の痛み

歯の矯正は痛そうだから心配という人がほとんどだと思います。
歯列矯正に関しても、どれくらい痛いものなのかと心配されるのも当然です。
矯正は多くの人にとっても未知のものだと思います。

矯正中の痛み

それ故に、「痛そう」「恐そう」という理由で矯正治療をあきらめてしまっている人もいるかと思います。
しかし、多くの人が矯正で歯並びを治しています。特に小学生の場合、ほとんどのお母さんから、『入れて2~3日だけ痛みがありましたが、1週間もしたら全く平気にしています』と言われます。

大人の場合でも、『装置交換後2~3日は、浮いた感じですが1週間位で慣れました』と感想を言われる方が大半です。

矯正治療に痛みが伴うことは否定できませんが、一般的にどのような痛みがどの位出るのかを少しでも理解し、納得していただければ矯正に対するイメージを変えて頂けるかと思います。

それではいくつか装置別に紹介していきたいと思います。
また体験された方の意見もご参考にしてください。

床装置(プレート)で拡大する時の痛み

床装置(プレート)は顎を大きく広げるための装置で、患者さん自身が取り外しを行い、拡大ネジの回転をするものです。

床装置(プレート)

装置を装着して最初の1週間は慣れるためにつけっぱなしにするのですが、簡単に外れないようにするために少しきつめに調整してあります。

このとき痛みが出ることもありますが、自然に治っていく場合がほとんどです。
その後、取り外しの仕方、プレートの操作方法に進みます。
拡大ネジを使い、1週間に1回0.2mmずつ装置を横に広げていくのですがこの時顎を大きく広げていくために、装置が歯肉に食い込んだり歯が押されているような痛みが出ることがあります。

広げて3日後にはほとんどの方が落ち着きます。

奥歯に装置を装着するために歯と歯の間を広げる時の痛み

歯と歯の間を広げる時の痛み

矯正装置をはめて矯正を始める前に、奥歯の間に「スプリング」といわれるバネのような金属を入れて歯の間を押し広げる段階があります。

この時に歯と歯の間に物がつまる感覚と、歯が押されるような痛みが出ることがあります。

ワイヤーにより歯を動かす時の痛み

ワイヤー

実際に矯正装置を入れるときにも痛みを伴うことがあります。

ワイヤーを歯につける時の痛みはありませんが、ワイヤーをつけ初めのうちは歯が浮いたような違和感が出てくることがあります。

これだけでは痛いというより、わずらわしいという感覚かもしれませんが、口が慣れなくて頬の内側を咬んだり、装置が当たって傷がつき、口内炎ができることもあります。

こんな場合は、3日しても治らなければ調整に来院して下さい。

マウスピースを装着するときの痛み

マウスピース

マウスピース矯正は、動かそうとする歯が圧迫されることによって、痛みや違和感が出ます。

そして、動かそうとする歯の周りは少しきつく締め付けられる感じがします。

この感覚は、新しいマウスピースを装着した直後に出ます。

装着後2~3日の間は痛みや違和感が出ることが多く、時間と共に歯が動いてくると慣れてきます。
逆にマウスピースを外す時には、今まで力がかかり動かされてきた歯が、力から解放されて元の位置に戻ろうとする為、ジワーッと開放感があり、その状態で食事などをすると少し痛みをかんじることがあります。

矯正治療は痛みを伴う治療であることは事実ですが、歯を抜いたり、歯の神経を取ったりする痛みを違って、持続的な激しい痛みを生じるものではありません。
痛みを伴う時期は限られています。

PAGETOP