矯正は何才からでも始めることができます。

ただし、重度の歯周病や虫歯等、歯や骨に大きな問題がある場合は難しいこともあります。

また、大人から始めた場合と、成長期の子供が始めた場合の違いはいくつかあります。

・抜歯をする可能性が高くなる

・成長期を過ぎると骨の代謝が下がるため歯の動くスピードが遅くなることがある

・骨が硬くなっていることも多く歯が動きづらいことがある

・子供よりも痛みを強く感じることがある

・がたつきが少ない場合、大人は目立たない透明のマウスピース矯正ができる

矯正を始める前には、矯正が可能かどうかの診査・診断が必要ですが、特に大人の場合は、治療をした歯についても注意が必要です。

かぶせた歯があったり、差し歯や金属のつながった歯がはいっていても可能なことが多いです。

ただし、歯の根にヒビが入っていたり、折れている場合には出来ないこともあります。

さらに、アゴの骨格的に問題がある場合(特に重度の受け口の時)は、矯正治療だけでは限界があり、外科的な治療と組み合わせる必要がある場合があります。

adult 治療風景

大人になってからも歯並びで悩んでいる方は、最初から諦めてしまうのではなく、まずはご相談下さい。