堅いおせんべいや氷のまるかじり、粘着性の強いキャラメルやガム等は、装置がこわれたりワイヤーが曲がったりするので、食べないようにして下さい。

注意する食品

また、装置の種類によっては、歯の表面に装置をつけるので、食べかすがつきやすく虫歯になりやすい環境になります。

歯磨きがきちんとできなくなるので、装置を付ける前にブラッシング実習をします。実習をすることで磨き方の癖や、この人はどこに細菌が付きやすいかなどが分かります。

歯の磨き方で虫歯のリスクが減る

装置を付けた後も、歯の磨き方で虫歯のリスクは減りますし、歯周病のリスクも減ります。

食べた後にうがいや歯磨きが出来る環境ならいいですが、その時によって出来ない時もあると思います。

xylitol

食べ物の最後に甘い物で終わると虫歯になってしまうので、ジュースを飲んだ後は水やお茶を飲む、お菓子を食べた後はキシリトールのガムやタブレットを食べるなど、お口の中を虫歯になりにくい環境にしてみて下さい。

フッ素も虫歯予防にとても有効的なので、家庭用フッ素ジェルを使うことをオススメします。