H28年4月24日

ムーシールド10万人記念講演会が東京飯田橋で開催されましたので、参加してきました。

ムーシールド講演会

「ムーシールド」は聞いたこともない人がほとんどだと思いますが、矯正を早期に対応を心がけている歯科医師ならほとんどの人が知っているもので、一時、新聞で受け口を早期に治療する装置として紹介されていたため、ご存じの方もいるかもしれません。

発見されたのは、20年近く前ですが、普及しだしたのは7~8年前からです。

一見とてもシンプルで「こんな簡単な装置で受け口が治るの?」と思っていましたが、5年程前に矯正専門医の大学の先輩から「だまされたつもりでいいから使ってみな」と教えていただき、使ってみた所、意外なほどに効果的で、最近では丸子歯科の受け口治療の早期対応症例には必須の装置となっています。

ただし、すべての受け口に適応できるわけではありません。

対象となる年齢も5歳くらいから可能で、最初の一週間で慣れてしまう子がほとんどです。

装着する時間も寝ている間だけなので、見た目の問題も全くなし。

この7~8年間で10万人に使用されたのも納得です。

反対咬合を考える ムーシールド

丸子歯科でもこの2~3年間は使用頻度も高く、受け口で悩まれていたお母様方から大変喜ばれています。

受け口のお子様治療は5才~8才位が最適な開始時期ですので、もしお悩みの方がおられれば選択肢の1つになると思いますのでご相談下さい。