歯科のイメージ

矯正をする前に必要な検査はいくつかあります!

現在の歯並び、顎の状態を把握するための検査

・歯の型をとり、模型を作る

・レントゲン写真を撮る(正面、横向き)

・口の中の写真を撮る

虫歯予防のための検査

・虫歯菌の顕微鏡による検査

・カリエス(虫歯)リスクテスト

(唾液リスクテスト)

(う蝕活動性試験<虫歯菌の強さ>)

・染め出しによる磨き残しチェック

など様々な検査を行っています。

なぜ、カリエスリスクテストを行うのでしょう?

矯正を始めると必ず何らかの装置が口の中に入ります。

そうすると、虫歯になるリスクがあがってしまいます。

それを予防するために、矯正をスタートする前に唾液や虫歯菌の性質を知り、対策を行うために検査をします。

唾液リスクテスト

食物を食べた時口の中の酸が急激に増加します。

このテストは口の中が元の状態に戻る早さ(唾液緩衝能)を調べます。

口の中に酸が永くとどまると虫歯になる危険性が強くなります。

また、唾液の分泌量も測定します。唾液の分泌量が多いほど酸を洗い流しやすくなります。

唾液リスクテスト

唾液リスクテスト

ディフェンスパワーを強くするために(歯を守ろうとする力)

①硬い物をよく噛んで唾液をたくさん出す

・水分の少ない物(フランスパン・丸干しイワシなど)は

唾液分泌を促進します。

また、食事中はお茶や水を飲まず、食後に飲むようにしましょう。

・食物の形が大きいものは、前歯で噛み切らなければいけないので、咀しゃく回数が自然に増加します。

・歯ごたえのある硬い物を食べましょう。

食材の加熱時間を短くするなどの工夫も必要です。

・キシリトールガムなどを噛むのもいいでしょう。

②フッ素入りの歯磨き剤を使用する、フッ素を塗る

・歯科医院で定期的にフッ素を塗りましょう。また、家庭で使うフッ素を併用すると、より効果的です。

③シーラントで歯の溝をうめる

・特に6才臼歯の溝は深く、汚れが落としにくいので、予防をして虫歯を防ぎましょう。