ワイヤーなどで歯を動かす治療が終了して、矯正装置が外れると次は保定装置と呼ばれるものを付けます。

保定装置とは、歯を動かす治療と同じくらい大切な治療です。矯正治療によって綺麗に並んだ歯も、矯正装置を外すと元の位置に戻ろうとする力が働き、ズレてきてしまいます。

これを防ぐために、歯が安定するまで歯をとめておく装置が保定装置です。

 リテーナー(取り外し式装置)

● リテーナー(取り外し式装置)…主に上の歯に使用

<装着後6ヶ月間…常につける>

歯が元の位置に戻ろうとする力が強いため、食事中と歯磨き時、プールや歯をくいしばるスポーツをする時以外は常につけるようにしてください。

<6ヶ月後~2年間…就寝時のみつける>

外したままの期間が長いと(1週間程度)歯が動いてしまって、装置が入らなくなるので、忘れずに入れてください。

半年以上経つと、すり減ったり、穴が開くことがあります。状態により再製作します。

※2年間入れていても、装置を長時間外すと歯が動くことがあるため、1週間に1回程度就寝時に装着することをおすすめします。

● 保定ワイヤー(取り外し不可の装置)…主に下の歯に使用

※  18才までは、つけたままになります。

<2~3年間…つけたまま>

保定ワイヤー

<3年後~…>

下の親知らずがある場合

・親知らずを抜いて
1.18才頃装置を外す
2.装置を外さない(16才以降)

・親知らずを抜かないで
1.前歯の位置が動く可能性があるが、装置を外す
2.当分の間、装置を外さない

下の親知らずが元々ない場合

1.装置を外す
2.装置を外さない

※ ただし、親知らずを抜いても個人差はありますが、装置を外すと歯が動くことがあります。

歯は生きている限り、動きつづけます。矯正治療が終了しても、正しいケアを忘れず、3~4ヶ月ごとの検診での通院をおすすめします!