歯列矯正治療の際に起こる可能性があるトラブルには、以下のものがあります。

虫歯や歯肉炎、口内炎、歯や歯肉の痛み、器具の破損などが考えられます。

特にワイヤーをつけて行う矯正治療の場合、歯の表面につけているブラケットという器具やワイヤーの間に、食べ物のかすが残りやすいため、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。

歯肉炎になると歯ぐきが腫れて出血しやすくなるため、余計に歯磨きがしづらくなり悪循環におちいります。

そうならないためにも、汚れが残りやすい所は念入りに歯ブラシをすることが大切です。

また、矯正中は装置が唇や頬に擦れて口内炎ができやすくなります。

これは装置に慣れてくると、できにくくなることが多いです。

治療中の痛みに関しては装置を交換したり、修正したり、または装置が壊れてしまった時に多いです。

装置の交換、修正時の痛みは2~3日で落ち着いてくる場合が多いです。

しかし、装置の破損、ワイヤーの飛出しで起こる痛みであれば、早めにご連絡下さい。

「矯正治療の痛み」についてはこちら>>

矯正中はお口の中のトラブルが起こりやすくなります。

上記以外にも、ご心配なこと、確認したいことがあれば、お気軽にご相談下さい。

矯正装置