矯正治療をしようと決めた皆さんは、

「歯並びをキレイにしたい」「咬み合わせを良くしたい」

など、それぞれに思い入れがあって治療を始められたと思います。

しかし、いざ治療を始めてみると様々な理由で途中で矯正治療をやめてしまう方も、残念ながらわずかにですがいらっしゃいます。

経験上、子供が小学校の時くらいに本人がやりたくないにもかかわらず、無理にすすめてしまうと中学校くらいで中断してしまうことがあります。

矯正治療はワイヤーなどで歯に力をかけて、理想的な位置に歯を動かしていきます。

歯は元々の位置に戻ろうと動く

歯を動かしている途中で矯正をやめると、歯は元々の位置に戻ろうと動いていきます。

これをといいます。

そのまま放置しておくと、元の問題のある歯並びに少しずつ戻ってしまいます。

元の歯並びよりも歯並びが悪くなったり、かみ合わせが中途半端に変わってしまうことなども考えられます。

また、歯を抜いてスペースを作りキレイに歯を並べる治療をすることがあります。

取り外し式の装置(プレート)

この場合は途中で治療を中断すると、抜いた分のスペースがそのままになってしまい、歯と歯の間にすき間が残ってしまいます。

歯の後戻りを防ぐためには、治療の最終段階で行う 保定 という処置を行わなければなりません。

矯正治療を成功させるために

そのため、矯正治療を成功させるためには中断することなく通っていただくことがとても大切です。

治療中は大変なこともありますが、治療の結果、手に入れる歯並びは、見た目の良さはもちろんのこと、清掃性が良くなることにより健康維持にとっても大きな収穫となります。

特にお子さんの場合は、家族や周りの方の協力で最後まで治療を続けていく患者様もいらっしゃいます。

また、結婚式やその他イベントで一時的に途中で矯正装置を外すことは可能です。

しかし、矯正装置を外している間に、歯が意図しない方向へ動いていってしまったり、治療期間が予定よりも長くなってしまうことも考えられます。

そのようなイベントの予定があらかじめ決まっている時は、治療が始まる前に主治医の先生にしっかりと相談することをおすすめします。