矯正の治療のために、永久歯の抜歯が必要な場合があります。

抜いても大丈夫ですか?

初めて聞かれた方は、歯並びを治すのに「なぜ歯を抜くの?」などと疑問をお持ちになる方もたくさんおられると思います。

もちろん、すべてのケースで抜歯が必要な訳ではありません。歯を並べるスペースが無い場合、歯を抜いて並べる場所を作ることが必要になってきます。

Tooth

しかし、誰もが健康な歯を抜くのは嫌なもので出来たら抜きたくない人がほとんどでしょう。

治療計画を綿密に

そこで丸子歯科では、しっかりと事前に診断を行い、治療計画を綿密に立て、特に成長発育期の小児の場合は顎を広げることにより、抜歯をできるだけしなくて済むように努めています。

一般的に抜歯が必要になる割合は大学病院の矯正科では7~8割くらいと言われております。

丸子歯科では小児期より矯正治療を開始した場合、抜歯に至るケースを約2割くらいに減らすことに成功しております。

しかし、矯正治療の目的は多くの患者さんにとっては正しい咬み合わせとなり、バランスのとれた顔つきになることです。

無理に非抜歯で治療を行うと口元が突き出てしまい見た目に不利が生じたり、お口が閉じにくくなったりする場合があります。

もし、矯正治療の目的が「歯並びをきれいにする」ことだけならば、非抜歯治療ができるケースはずっと多くなるでしょう。

しかし、

「咬み合せを良くする」 「お口の閉じにくさを取り除く」

などの健康面での配慮や調和のとれた口元といった外見上の問題までトータルに考えた場合には、抜歯が避けて通れないケースがあることも確かです。

一見よく似た歯並びでも、その開始時期によって治療方針が変わってきます。

また求める治療結果によって、抜歯か非抜歯が決まることがあります。

歯のイラストと本

ただ、お子さんの矯正治療の場合、適切な時期にご相談いただくことにより、非抜歯で矯正治療を受けていただける可能性が非常に高くなります。

そのためにも、小学校半ばまでに一度矯正歯科の受診をおすすめします。

丸子歯科では、抜歯の場合・非抜歯の場合それぞれのメリット・デメリットをきちんと患者さんにお伝えし、よく話合ったうえで治療方針を決めるようにしています。

抜歯・非抜歯だけを取り出すのではなく、治療の効果全体をトータルにとらえ、患者さんのご要望も十分にお伺いしたうえで、最善の治療とは何かを患者さんと一緒に考えていけたらと思っています。