矯正の装置の種類やスポーツの種類によっては影響のあるものもあります。

具体的には以下のようなものがあげられます。 

取り外しの装置(プレート)からスタートする場合

取り外しの装置(プレート)は、装着してから1週間は、ずっとはめた状態になります。

なくすおそれや、痛みが出やすいため、以下のスポーツはその間(最初の1週間だけ)やめておいて下さい。

・水泳・空手・少林寺拳法

・柔道・ラグビー

柔道

プレートを装着して1週間過ぎたら、プレートをはずす練習をします。

以下のスポーツを行う時ははずしてケースに入れておいて下さい。

◎ 必ず装置をはずすスポーツ

・水泳 ・空手 ・少林寺拳法

・柔道 ・ラグビー

 

○ 場合によっては、はずした方がいいスポーツ

(やっていて、痛みが強いようならはずして下さい)

・ドッジボール

はずさなくてもいいスポーツ

・野球 ・サッカー ・バスケットボール ・バレーボール

・ハンドボール ・陸上 ・体操   ・ダンス ・卓球

・スキー ・スケート ・剣道   など

サッカー 

固定式装置(ワイヤー)からスタートする場合 

スポーツによっては、装置が当たり痛いことがあります。

以下のスポーツは接触したり、手などが装置に当たり、痛い場合が多いです。

・空手・ラグビー

・柔道・少林寺拳法

上記以外のスポーツは、ほぼ支障はないでしょう。

※ご心配や不安のある方はご相談下さい